人気ブログランキング |

トランスメディア提供アイコン01 Play in 磯

今日はホームスクーラーたちが横須賀・観音埼に集合。
そして、磯の生き物たちと触れ合う機会が持てました。
東京から、砂浜と磯の岩場が広がる観音埼の一角についたのはを高速を使って2時間後。
Play in 磯_b0181516_2158467.jpg

(生き物の宝庫・・・その磯)

あまりにもすぐぉーい生き物の種類の多さに驚かされました。
カワハギ、ハオコゼ、ハゼ、メバル、ヒトデ。それにアメフラシ、ナマコ、ウミウシ、イソギンチャク、クラゲ、ウニ、カニ・・・・・。
その中でも最も人気があったのが・・・
磯をみんなで歩き回っていたら目の前をヌーと泳ぐ物体あり! えーなに!? タコ!?
網ですくって小さな虫カゴへ。
しばらくみんなの注目の的でした。
足を触ると吸盤がピタッとひっつく感触が気持ち悪くもあり、おもしろかったです。
Play in 磯_b0181516_2214352.jpg

(タコ捕獲!)

その後・・・↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓∑(゚Д゚;ノ)ノ
Play in 磯_b0181516_2215107.jpg

BBQタイム。幾本かの足を生で食べられたあと、丸焼きに・・・
そして・・・↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Play in 磯_b0181516_2218087.jpg

この頭もソバツユを塗られて食べられる運命。おいしかった~。海の味でした。海の幸に感謝。

Play in 磯_b0181516_22295966.jpg

様々な生き物がいました
Play in 磯_b0181516_22301965.jpg

Play in 磯_b0181516_22331636.jpg

Play in 磯_b0181516_22302867.jpg


Play in 磯_b0181516_22531616.jpg

潮の引いた岩の表面には鮮やかな海藻がビッシリ。とてもきれいでした。

自然のもので、こんなに生き物と触れ合えたのは初めて!
子どもたちも夢中で生き物を採って、観察。
お昼後、雨が降り始めてしまいましたが、大人をのぞいて遊びまわっていました。
感激の一日、2時間かけてくる価値のある場所でした。
こんな場所、いまじゃ少ないんだろうなぁ。
今ある生き物の生息場所を大切にしなければと思いました。
生き物はちゃんと海に帰しましたよ・・・タコ以外は(゚ー゚;

☆今日の聖書のことば☆
「主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。」
(詩篇 23:1)

# by goodnews_wwjd | 2009-06-22 22:50 | 思い出

トランスメディア提供アイコン01 3つ目のレンズ!

はじめて単焦点、F1.4のレンズを手に入れるができました。
前から単焦点は描写性も明るさもズームレンズと比べて全然いい、ってことはうわさに聞いていたのですが本当でした。
実際にとって見て納得、そして驚き(゚◇゚)
近くのものはなかなかピントを合わせるのが難しかったですが、これからはジャンジャンつかって人の心にグッとくるような写真を撮れるように頑張りたいと思います。

3つ目のレンズ!_b0181516_2247124.jpg


3つ目のレンズ!_b0181516_22472345.jpg

(町の明かりをボカして・・・。ただ、開放以外だとボケが丸くならずカクカクしてしまう。)

3つ目のレンズ!_b0181516_22473578.jpg

(ISO/3200 F/1.4 1/15 こんなに明るくとれる。ほとんど手ブレなし(゚◇゚))

☆今日の聖書のことば☆
「主はあなたの足をよろけさせず、あなたを守る方は、まどろむこともない。」
(詩篇 121:3)

# by goodnews_wwjd | 2009-06-20 23:00 | 日記

トランスメディア提供アイコン01 『アッシジのフランチェスコの祈り』

僕の祈りというか、願いというか・・・、こんな人になりたい!といえる言葉が「フランチェスコの祈り」の中であらわされている。
フランチェスコについては 「BROTHER SUN, SISTER MOON」 を見て知っている人も結構いるんじゃないかと思う。
下の「祈り」は僕のIpodの起動画面になっている。

『アッシジのフランチェスコの祈り』

主よ、わたしを、あなたの平和をこの世にもたらす道具にしてください。

憎しみのあるこころに愛の種を播くための道具に、

害を加える者に赦しを、

分裂には一致、疑いには信仰、

絶望には希望の、

暗闇には光の、

悲しみには喜びの、種を播くことができますように。


ああ、聖なる主よ、どうか

慰められるのをもとめることよりは、慰めることを、

理解されることよりは、理解することを、

愛されることよりは愛することを求める、その心をお与えください。

なぜなら、与えることによって多くを受けとり、赦すことによって赦され、

死ぬことによって、永遠の命が生まれるのですから。

(斎藤和明 訳)

『アッシジのフランチェスコの祈り』_b0181516_22334150.jpg


☆今日の聖書のことば☆
「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。」
(ヨハネ 15:5)

# by goodnews_wwjd | 2009-06-18 22:34 | 写真-植物

トランスメディア提供アイコン01 またホタルを見に

昨日のことになってしまいましたが、実はまたホタルを見に行ってきやした。
今回は友人に誘われて妹と共に上谷戸のホタルを見ました。
結構有名なホタルの名所で、遠いところから見にやってくる人たちもたくさんいるそうです。
その友人宅でココナッツカレーをご馳走になった後、早速~。
小高い若葉台の丘と丘の谷間からこんこんと湧き出す水が川となって流れていて、その川に沿って僕らは下っていきました。
しばらく下っていくと段々と人の数が増殖している・・・。
片手に赤いライトセーバをもった警備員のおじさんも。
道路から川を見下ろしながら歩いていたのだけれど、人と人の列がつながってホタルツアーと化していた。
岸辺に降りられるところに行くと、テントが張ってあり、そこにはあふれんばかりの人、人、人。
やはり名所とあって、ホタルはたくさん飛んでましたが、人の数に驚かされました。
ホタルを撮影するために、重い三脚まで持ってきたのに・・・。
中には「こんな中でホタル見ても癒されな~い」というカップルがいたけれど、ホタルが舞うたびに歓声の上がるそんなところでホタルを見るは、それはそれで面白いと思いました。
この時期はゲンジボタルがピークになる頃。
7月あたりからはヘイケボタルが飛ぶようになります。

☆今日の聖書のことば☆
「この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。」
(ヨハネ 1:4)

# by goodnews_wwjd | 2009-06-13 22:50 | 思い出

トランスメディア提供アイコン01 ~近況報告~

僕は今年高校を卒業して、大学は今のところ行く予定がない身だ。
卒業してからしばらく引越しのアルバイトをして、そこで初めての仕事をし、初めての給料をもらった。
やっぱり引越しの仕事は辛かったけれど、そこで色んな人と出会うことができ、給料をもらったときはとてもうれしかった。
3月30日から始めたため3月の給与は2円でショックだったことを除けば、本当にいい体験だった。
今はそのアルバイトはやめて、将来のことを考えながらホームスクールをしている兄弟たちと日々過ごしている。
まぁ、俗に言ってしまえばニートかもしれない。
けれど、僕は何もしないで終わるつもりはない。
いつか、自分のためではなくて、人のために何か大きな事をしたいと思っている。

今は毎週月曜日、社員が社長の叔父さんだけの会社に出向いて、将来こんなビジネスができたらいいねぇというようなことを話し合っている。
今はまだほとんど受身だけれど、自分から何か新しいことを始めたいと思う。
ビジネスは何も金儲けのためだけにあるものではない。
人のために、社会のためにあるのが本当のビジネスだと思う。
いつか叔父さんから借りた「20円で世界をつなぐ話」という話をよんで、こんな考え方、こんなアイデア、こんな生き方があったのかとちょっと感動した。
(世界の67億人の人口のうち10億人が飢えに喘ぐ一方で、10億人がメタボに悩んでいる。
アフリカの子どもの給食はたった一食20円ほど。
そこに着目して、社員食堂等に20円上乗せした低カロリー食を置いて、飢餓とメタボを同時に解決するという活気てきなアイデアのもと、TFT(テーブル・フォア・ツー)を設立した。)

自分たちだけのの利益を追求したビジネスではなくて、これからは利益を出しながらも世の人のために存在するビジネスが必要だとおもう。

まだ、これから方向性も何も決まっていない自分ですが、いろんな人の励ましでいまを生きています(笑)。
こんどからNCCという熱烈教師の集まってる英語学校に週2日で通うことになりました。
僕にとって英語は将来必ず役に立つと信じとるからです。
とにかく、その合間合間にいろんなことを考えていきたいと思っているところです。
~近況報告~_b0181516_11344476.jpg

☆今日の聖書のことば☆
「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」
(マタイ 19:19)

# by goodnews_wwjd | 2009-06-08 11:24 | 写真-町

トランスメディア提供アイコン01 ほーほーほたる

野川にある「ホタルの里」へ行ってきやした。
どのくらい出てきているのかわからなかったけど、ある方のブログにもう既にホタルが飛んでいるという情報があったので、家族と見に行ったわけです。
この間買ったばっかしの中古の三脚を背中にしょって、今年はじめてみるホタルのことを思いながらワクワクと。
自転車はそこらへんに適当に停めて、ホタルの里へ入っていきました。
薄暗い中木道を進んでいたもののなかなかあの魅力的な光が見つからない。
去年6月の中旬ごろ来たときは園内に入っていった瞬間にホタルが乱舞しているのが見えたはずなのに・・・。
と思いながら、開けた田んぼに出たとたん
「いたっ!」
一匹のホタルが目の前をスーと飛んでいるのが見えた。
あの不思議な光は、なんど見てもいつ見ても感動する。
飛んでいたホタルに手をかざすと、、、というより、半ば強引にホタルに手をぶつけると、簡単に止まってくれる。
昔は竹ぼうきなんかで捕まえてたんだろうなと思いながら、ホタルを手の中に包み込んで隙間から覗いては、みんなで感動してました。
こんな風情ある環境が今後さらに増えて、いつかは子どもたちがホタルを捕まえて自分の部屋に放して喜べるほどになったらいいなぁと感じました。

やはり、まだ時期が早いのか10数匹程度でしたが、全盛期に見たらさぞかし綺麗だったろうなぁ・・・。
まだ出直してこよう。
ほーほーほたる_b0181516_1037540.jpg

☆今日の聖書のことば☆
「すべての人を照らすそのまことの光が世に来ようとしていた。」
(ヨハネ 1:9)

# by goodnews_wwjd | 2009-06-06 11:30 | 写真-生き物

トランスメディア提供アイコン01 ベル

ベルは僕の祖父母の飼っている犬。
僕の小さな頃から、ずっとベルはいた。
祖父の家にお邪魔すると、ワンワンけたたましく鳴きながら、最初に迎えてくれたのはベルだった。
部屋に入るなり、飛びついてきて、ところ構わずペロペロなめまわす。
そんなベルが迷惑でもあり、かわいくもあった。

でも今、もうベルは年だ。
ベルはいつ死んでもおかしくない。
最近は、食べて寝るだけ。
僕らが部屋に入っても、ピクリともしない。
目が見えないし、トイレもできないからお尻にオムツをつけている。
そのベルを見て、あれからずいぶんと月日は流れたんだと感じる。
ベルがいなくなったらどんなに祖父母が悲しむか。
祖父ももう90近い。
祖父母はもう自分たちのお墓を用意している。
母がそれを知ったとき、とても悲しくなったと言っていた。
僕にも悲しむ日、悲しまれる日が来るんだな思った。

みんな長生きしてほしい。
僕は心からそう思う。
けど、やっぱり僕らの地上の命には限りがある。
だから、今生きている間、精一杯生きよう。

ベル_b0181516_22304632.jpg


☆今日の聖書のことば☆
「私は、日の下で行なわれたすべてのわざを見たが、なんと、すべてがむなしいことよ。風を追うようなものだ。」
(伝道者の書 1:14)

# by goodnews_wwjd | 2009-06-04 22:50 | 写真-生き物

トランスメディア提供アイコン01 とうとう・・・

昨日の予告通り、4時半におきて多摩川へ行ってきました。
こんなはやいというのに外は随分と明るく驚きました。

妹も連れて自転車で片道30分程度。
人もまばらで朝の気持ちのよさに改めて感動しました。

現地に着くと、まず忘れ物を・・・。
よかった~ありました(汗)
しかし、釣り道具を出して、エサ釣りをする妹のためのミミズを持ってくるのを忘れてしまったのに気が付いた~。
そこで、こうなりゃ自然のもので・・・そこらへんにあった棒切れで適当に岸辺の土を引っ掻き回したら数秒で出てきました♪

しばらく釣りをしていると、よくここに釣りをしに来るというおじさんがやってきました。
そこまでは良かったものの、気が付いたらそのおじさんと親しそうに話している漁業組合の制服を着た別のおじさんが立ってるじゃないですか・・・(汗汗)

とりあえず「こんにちわ~」と声をかけました。

内心ビクビクしながら冷静を装って、釣りをしていると、「おいっ、水面見てごらん!」、すぐ近く、川の面にアオダイショウが浮いていました。
遊漁券のほうの話にならないように願っていた僕は、少しホッとしました。
そのアオダイショウが行ってしまうと、こんどは別なアオダイショウがすぐ足元までやってきた。
なんていう日なんだ、今日は・・・。

結局、おじさんには「ここ、釣りするときはお金いるの知ってる?」
僕はもう「えっ、そうなんですか・・・」と答えるより他なく、とぼける振りをするしかなかった。
(神様、ウソついてごめんなさ~い)

そして、つりの成果、妹の竿を貸してもらってアブラハヤ一匹だけでした~。

☆今日の聖書のことば☆
「神こそ、わが岩。わが救い。わがやぐら。私はゆるがされることはない。」
(詩篇 62:6)

# by goodnews_wwjd | 2009-06-03 23:15 | 日記

トランスメディア提供アイコン01 再び多摩川へ

昨日6月1日から鮎釣り解禁となり、釣り好きにはたまらないシーズンの幕開けとなりました(僕は下手の横好きですが、笑)。
そして、今日さっそく多摩川へ行ったわけです。
京王線の橋が架かっているあたりで一回糸をたらしてみたものの、当たりそうになかったので調布堰へ向かいました。
しばらくして魚道のある左岸側、堰の下流にとてもよさそうなポイントを見っけ。
けれど、そこには帽子をかぶった組合っぽいおじさんがいたので、引き換えして別なところでまた糸をたらしていました(今回は遊漁券持ってなかったからです♪)。
しばらくやっていたが、やはり、そこにも獲物はいなさそう。
先ほど見つけたポイントに戻ると、まだおじさんがいる!
意を決して堂々と乗り込んでいくと、なんだ、そのおじさんもただの釣り人の方でした。
護岸ブロックの隙間に糸をたらして、じっとしていたおじさん。今日は15cmくらいのフナやクチボソが釣れたそうです。
僕も早速挑戦!
ある程度、深みがあり、流れもあるのでスプーンの効果がよく出ているようでした。
しかし、その時点でもう日が暮れかかっていました。
最後は、鯉でもナマズでも何でもいいからかかってよ~、という感じでしたが、結局この日はまた収穫なし・・・。
あえて言うなら素手で捕まえたイシガメさんだけでした;
でも、今日も楽しい一日でした♪

明日の早朝、今日忘れてしまったスプーンを取りに行くついでにまたトライしてきます(笑)

再び多摩川へ_b0181516_22312747.jpg

(この写真は一年半前のもの)

☆今日の聖書のことば☆
「私は主を愛する。主は私の声、私の願いを聞いてくださるから。」
(詩篇 116:1)

# by goodnews_wwjd | 2009-06-02 22:32 | 日記

トランスメディア提供アイコン01 渓流釣り!

今日、友人と秋川に釣りへ行ってきました。
途中上州屋によっていろいろと必要そうなものを揃え、Go。
その前に、、、ほとんどの川同様、秋川も遊漁券を持っていないとその場で高値の額を徴収されてしまうので、日券を買っときました。

最初、多摩川でも遊漁券持ってないけど釣りしてる人なんて沢山いるんだし、川も川の生き物もみんなのもののはずだ、と思ってこっそりやろうと思ったのですが、、、。
やっぱり、漁業組合のおじさんにビクビクしながら釣りするのも嫌だし、ちゃんと購入。
雑魚の日券で500円でした。
鮎の解禁は6月7日からだそうです。

1時間半後、前回着たときに目をつけておいたポイントに到着。
あるおじさんが店の前のベンチに座ってました。
「ここの魚って釣っちゃっていいんですよね♪」
「遊漁券持ってないんだったら、一匹に付き300円罰金とられるよ。」
「雑魚の日券だったらもってます♪」
「そうか、じゃあ大丈夫。」
「もし、鮎を間違えて釣り上げちゃったら、リリースすればいいんですよね♪」
「そうだね」

そう、今日の狙いは鮎。
釣ってもリリースすればいいと聞いて、心の中で「よし!」。
実は前回ここに着たときにウジャウジャいたんです。
ただ釣りを楽しみたかったので、リリースしてもいいから何かを釣りたかった。

その後、5時間ほどのんびりと竿を動かしていました。
・・・・・・、
結局、始めてしばらくしてから友人が一匹釣り上げただけで、その後はノーヒット。
その上大きな岩に登ろうとしたら、足台にしていた直径1m半ほどの岩が急に転がり始め、肘とももを岩にたたきつけられ足を川に突っ込んでしまう始末・・・;
でも新鮮な空気と、キレイな川、青々と茂った木々を楽しむことができました。
それに、30cmくらいの小さなかわいいヘビを発見できました。
また、鮎の幼魚たちが楽しそうに泳ぎまわっている姿を見ることができました。
灰色の珍しい蛙に触ることができました。

そう、釣りで重要なのは、「釣れること」ではなくて「楽しむ」ことだと思います(←言い訳!?笑)。
とにかく今日の釣り、楽しかったです。
いつか、釣堀とかではなくて、こういう自然の中で鮎や岩魚を釣り上げてみたいと思います。

渓流釣り!_b0181516_22022.jpg
渓流釣り!_b0181516_2201230.jpg
渓流釣り!_b0181516_220309.jpg
渓流釣り!_b0181516_2204251.jpg


☆今日の聖書のことば☆
「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」
(Ⅰコリント 5:16-18)

これが難しい・・・(笑)。

# by goodnews_wwjd | 2009-05-26 23:06 | 日記