トランスメディア提供アイコン01 <   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 懐かしの校舎取り壊し

b0181516_22511544.jpg
先月、僕の卒業した小学校に2回行ってきました。
とはいっても校舎は新しく建てたもので、僕が6年間過ごした建物ではないのです。。。
1回目の訪問は、公園にひとりで花見しにいく途中でたまたま立ち寄ったとき。
2回目の訪問は、小学校の同級生であるR君といっしょに。

b0181516_22511686.jpg
僕がずっと過ごしてきた建物は取り壊し作業が行われていて、すでに中に入ることはできなくなっていました。
壊される前に中の様子を見おさめしたかったのに~・・・(涙
しょうがないので新校舎の見学。

b0181516_2317299.jpg
一回目の訪問では家庭科の先生だったM先生に新校舎の案内をしていただきましたー(プライバシー上、顔をぼかしてあります。M先生、亡霊みたいな怖い顔になっちゃってごめんなさい。。。)
あと、お世話になった先生方のところに案内してくださり、いろいろ話をすることができました。

b0181516_22511910.jpg
教室の様子もガラリと変わりました。
一人ひとつ机が与えられ、教室も少し広くなったような気がしました。それに、でっかい液晶テレビが付いてる!

b0181516_22511454.jpg

b0181516_22511227.jpg
図書室
b0181516_22511548.jpg
図書室にはなんと和室までついてる!なんて快適な。。。
奥にある書は、100万円ほどするものだそうです。
小学生に落書きでもされたらどうするんだ・・・。

b0181516_22511378.jpg
講堂。
ここで、集会や催し物があるときに集まります。
この学校は少し特殊で、体育館がないので、雨の日などは体育はこの講堂で行われます。
ちなみに、プールもありません。
その代わり、毎週水曜日に野川の時間というものがあり、近くの野川公園という広い公園で自由に遊べる時間があるのです。
少し変わった学校です。

新校舎も色々見て回れたし、先生たちとも話すことができてとてもいい時間をすごすことができました。
ただやはり、思い出の旧校舎に入れなかったことが心残りです。もっと早く来ればよかった!

☆今日の聖書のことば☆
「胎内にいる時からになわれており、生まれる前から運ばれたものよ。
あなたがたが年をとっても、
わたしは同じようにする。
あなたがたがしらがになっても、
わたしは背負う。
わたしはそうしてきたのだ。
なお、わたしは運ぼう。
わたしは背負って、救い出そう。」
―イザヤ書 46章3,4節―



web拍手 by FC2

[PR]

by goodnews_wwjd | 2011-05-28 23:40 | 思い出

トランスメディア提供アイコン01 ムサシノキスゲ

b0181516_21191163.jpg
府中市の浅間山(せんげんやま)にしか自生しないと言われてるムサシノキスゲ。

浅間山とは言うけれど、標高たった80メートルで山と呼んでいいのか分からないほど小さい山。

この山は僕にとって思い出の深い山なのです。
昔、この山で某H君とビービー弾拾いまくって遊んでたなぁ。山を歩き回ってひたすら拾って拾って拾いまくってました。
特に用途はなかったんですけど・・・。
エアガンでサバイバルをしているお兄さんからビービー弾もらったこともありました。
(ちなみに最近は山の保全が徹底されていて、サバイバル集団のお兄さんたちはいません。)
時には、某H君とふたりで自転車で山を駆け回り、暴走していました。
あと、木から垂れ下がったツルでターザンをしたり・・・、いろんなことをして遊んでました。

この日はたくさんのカメラを持った人たちが訪れていてにぎやかでした。

b0181516_21191666.jpg


☆今日の聖書のことば
「あなたの若い日に、あなたの創造者(神)を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また『何の喜びもない。』という年月が近づく前に。」
―伝道者の書 12章1節―



web拍手 by FC2

[PR]

by goodnews_wwjd | 2011-05-22 21:54 | 写真-植物

トランスメディア提供アイコン01 東北でボランティア!Again

10日から13日まで、また東北へ行きボランティア活動をしてきました。
今回はチア・にっぽんという団体が主催するボランティアで、23名の若者、人生経験豊かなおばさんたちが参加しました。

b0181516_212998.jpg
今回は参加人数が多く、マイクロバスには人しか載せられないので2tトラックをレンタルして物資を運びました。

b0181516_21101537.jpg
陸前高田
b0181516_21542855.jpg
一瞬気持悪い・・・と思ってしまったこの人形。
でももしかしたら、亡くなった子どもを思って誰かが残したものなのかもしれないと思うとこんどは切なくなります。

b0181516_212649.jpg
釜石市の前回と同じ場所で支援物資を配りました。

b0181516_212690.jpg
家を流された親戚を迎え入れて一緒に住んでいる方がおおく、支援物資を喜んで受け取ってくれました。

b0181516_212740100.jpg
町の会長さんに案内してもらい、市のボランティアにも参加させてもらいました。
泥のついた大量の食器をみんなで洗いました。
みんなで必死になって、やっと皿洗い終わった~と思ったら、1台のバンがやってきて同じくらいの量の皿をドサッと置いて行きました。笑

b0181516_21262.jpg
綺麗にした食器たち(一部)。
結局5時間近くお皿洗いしまくってました。笑


今回、またTさんのお宅にお邪魔して、掃除のお手伝い。
前回は4人だったけれど、今回は23人。できることが全く違いました。
b0181516_212788.jpg
石巻。Tさんの家の前で、ここでも支援物資を配りました。

b0181516_21276.jpg
なんと、メロンも!

b0181516_212989.jpg
池にたまった大量の重油を書き出す作業。

b0181516_212857.jpg
Tさんの息子さん自宅にある海産物加工場の掃除。
排水溝にたまった重油をかき出します。

b0181516_212866.jpg
床の板をはがし、床下にたまった泥を取り出しました。
ボランティアに参加してくれた職人さんのOさんも、地元の職人さんと息を合わせて作業していました。

b0181516_212888.jpg

b0181516_212835.jpg


前回、重たい気持ちを背負ってずっと無表情だったT家のおばあちゃんも、最後には一人ひとりに拝む様に感謝してくださってました。
T家の皆さんは僕たちが出るまで最後まで手を振って見送ってくれる姿が今の頭の中に焼き付いています。
真剣に、けど、楽しく仕えている姿をみて、被災者の方々が僕たちのうちにいる神様に気が付いてくれたら嬉しいんだけどなぁ~。

☆今日の聖書のことば
「神は、あらゆる苦難に際してわたしたちを慰めてくださるので、
わたしたちも神からいただく慰めによって、
あらゆる苦難の中にある人々を慰めることができます。」
―コリントⅡ 1章3節 ―



web拍手 by FC2

[PR]

by goodnews_wwjd | 2011-05-14 21:36 | 思い出

トランスメディア提供アイコン01 どでかタンポポ&どでかシロツメグサ

この間、千葉県のスポーツ公園という場所に行ってすごいものを発見!

b0181516_22211776.jpg
写真じゃ分かりにくいかと思いますが、かなりの大きさのタンポポとシロツメグサ(手の大きさと比較してみるとわかりやすいかも)。
よっぽど土壌が栄養分たっぷりだったのでしょう。

b0181516_2221195.jpg
ちっちゃいシロツメグサも。


☆今日の聖書のことば
「栄華を窮めたソロモンでさえ、このような花の一つほどにも着飾ってはいませんでした。
きょうあっても、あすは炉に投げ込まれる野の花でさえ、神はこれほどに装ってくださるのだから、
ましてあなたがたに、よくしてくださらないわけがありましょうか。」
―マタイ 6章29,30節―



web拍手 by FC2

[PR]

by goodnews_wwjd | 2011-05-07 22:27 | 写真-植物

トランスメディア提供アイコン01 東北でボランティア! その3

4月21日 石巻市
仙台にある支援物資集荷場でまた積み込み。ここには、サマリタンズ・パースから寄付されたものと、日本国際飢餓対策機構に送られた支援物資が集まっていました。
朝8時半ごろ石巻へ出発。

b0181516_23423116.jpg
石巻に向かう途中の道。
支援活動に向かう車で大渋滞!

b0181516_21362613.jpg
Tさんの家の大掃除をお手伝いしました。

b0181516_7494375.jpg
海産物の店を経営していたので、ワカメなどが入った頭陀袋が庭や、池、部屋の中にまでごろごろとゴロがっていて、油の混じった泥でぐちゃぐちゃ。
水を吸ったその海産物の袋や畳も運び出しましたが、これがめちゃくちゃ重かった・・・。
どちらも90キロほどあり、3人でふんばって運びました。


b0181516_21362525.jpg
Tさんのお孫さんのマーくん。
マーくんの家は、おじいちゃんであるTさんの家のお向かいにあります。
彼の家も流れてきた家がぶつかったりして、かなり損傷してしまったのですが、そんなことを微塵も感じさせないほどあまりに元気で明るい子でした。笑

b0181516_21362496.jpg
一見すると、車庫にとまったトラック。
でも実は、津波によって流されたのが、スポッとはまったのだといいます。
「戻そうにも戻せないよ。解体しないとな。」とTさん。

b0181516_21362323.jpg
ここでも、支援物資を配りました。みんな喜んでましたよ~。

b0181516_21362456.jpg
何百、何千と被害を受けた方々の家がある中で、そのたったひとつを今回僕らが手伝いました。
全体的に見れば、ほんとに小さいこと。
けれど、とても喜んでくれたTさんファミリーを見て、これからもこういう活動に積極的に取り組んでいきたいなぁと思いました。


帰り際、みんなそろってマーくんをからかいました。
「あれ? マーくんもいっしょにバスのって東京に行くんでしょ? ほら乗らないと。」
そしたら、お母さんに抱きついて、半分泣きそうになって「いやぁだ・・・」。笑

b0181516_21362474.jpg
帰りもすごい渋滞。発泡スチロールの板に書かれた「ありがとう」の言葉がとても温かく感じました。
いろんな場所を回っていて、石巻は復旧活動が活発になされている町でした。

b0181516_21362220.jpg
夜遅く仙台に戻り、そして東京に帰りました。
東京に着いたのは朝の4時。
大変だったけれど、自分にとってとてもいい経験となった3日間でした。


☆今日の聖書のことば
「この希望は失望に終わることがありません。」
―ローマ書 5章5節―



web拍手 by FC2

[PR]

by goodnews_wwjd | 2011-05-02 00:18 | 思い出