トランスメディア提供アイコン01 <   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 約束のにじ

ベランダで我が家に来たばかりの子犬を散歩させていたら、雨がポツリポツリと降ってきた。
少しの間まっていたけれど、いつやむかわからなかったので部屋にもどった。
そしてしばらくしてさりげなくまたベランダにでた。
すると目の前には大きくて、鮮やかで、はっきりとした虹の橋がドーンとかかっていた。
それも2本。
しかも端から端までちゃんと。
言葉がでなかった。
写真じゃ伝えられない感動だった。
聖書に出てくるノアが見た虹もこんな虹だったのかもしれない。

虹が出てたのは15分程度。
みんなに見てもらいたかったです。

b0181516_22233987.jpg

☆今日の聖書のことば☆
「わたしは雲の中に、わたしの虹を立てる。それはわたしと地との間の契約のしるしとなる。」
(創世記 9章13節)
[PR]

by goodnews_wwjd | 2009-07-19 22:28 | 写真-風景

トランスメディア提供アイコン01 Life is beautiful

この間、「Life is beautiful」を見ました。
それはナチスドイツのユダヤ人迫害の中、苦しいなかにありながらも笑いと陽気な行動で子どもを励ます父親の愛の物語。
幸せな生活を送っていた父親グイド、母親ドーラ、そして息子のジーオ。
その彼らにナチスの魔の手が襲いかかった。
3人は強制収容所に送られ、ジーオは母親と引き離される。
不安がる息子にグイドはうそをつく。
「これはゲームなんだ。いい子にしてればポイントがたまる。1000ポイントたまったら本物の戦車に乗ってお家へ帰れるんだよ。」
ドイツ兵にしょっ引いていかれる時も、息子を不安にさせないように両手両足を振り上げながら陽気に歩いて行く。
ドイツ語なんかまったくわからないのにドイツ兵の通訳者を自ら買って出て、「ポイントを貯めたら君たちは家に帰れる」とでたらめな通訳をする。
それはすべて息子のため。

細かいところのネタばれはできないけれど最後のシーン、連合軍の戦車がやってきてジーオが「パパの言ってたことは本当だ!」という場面で、本当に切なくて泣きそうになりました。
とても考えさせられる映画でした。
ニコニコ動画でも見れるので一度見てみてください。

b0181516_22561874.jpg


☆今日の聖書のことば☆
「私のうちで、思い煩いが増すときに、あなたの慰めが、私のたましいを喜ばしてくださいますように。」
(詩篇 94:19)
[PR]

by goodnews_wwjd | 2009-07-16 22:56 | 写真-風景

トランスメディア提供アイコン01 新入家族

今日、我が家に新入りの家族が二人!?やってきた。
一人目は、、、
b0181516_2231427.jpg

b0181516_2211946.jpg

そう、我が家にやってきたのは、犬。
長年ずっと考えてきて、やっと迎え入れることができた一員だ。
ジャックラッセルテリアとトイプードルを掛け合わせた雑種でペットショップから買った子。
うん、文句なしにかわいい・・・。
これからは家族の一員として大事に育てていこうと思う。
家族でペットショップに行き、そこで抱かしてもらったときはおとなしかったものの、我が家に来たとたん仮面を脱いだかのようなはしゃぎっぷりだった。
いや~、でもこのぐらい元気じゃないとだめでしょう(笑)。
まだ名前は検討中です。

二人目は、、、
b0181516_22105324.jpg
そう、ウナギ。
爪楊枝くらいの太さと長さのベビーウナギだ。
これも犬ちゃん(一応メスなので)に劣らずかわいい・・・。
一匹300円で売ってたので、思い切って飼育に挑戦!
大きくしてからかば焼きにして食べようと思います(笑)
名前はウナジュウです。

b0181516_2215257.jpg
おやすみ~。
[PR]

by goodnews_wwjd | 2009-07-08 22:19 | 思い出

トランスメディア提供アイコン01 ガサガサ

多摩川でガサガサをしに行きたいという子たちに付き添いでついていきました。
ガサガサというのは、その名の通り手網を使って川の生物をガサガサとあさること。
小さなワンドっぽくなっている場所でそのガサガサをしてきたわけです。
釣りをしているおじさんとすぐ仲良くなってしまう妹が、早速おじさんとおしゃべり。
「あそこにいるおじさんから魚もらってきな。」
そのおじさんのところに行くとビクには2匹のでかいフナが入ってました。
でもその大きさの魚をかう水槽がなかったので断り、その後釣り上げたアブラハヤやカワムツをゲット。
釣りしに来ているおじさんたちはみんな仲が良さそうです。

ここのワンドは湧水が湧いているのか、水がとても澄んでて冷たいです。
底の砂が湧いてくる水で所々モワモワしてるんですが、その中にあしを突っ込むと何とも言えない感覚で面白いんでっすよー。

でも今回は自分たちで取れたのは1cmほどの稚魚とザリガニでした。
なぜかザリガニだけ大量・・・。
写真の3人、素足で尊敬してしまいました。
僕は痛さよりも何か得体の知れないものをふんずけてしまいそうで、よっぽどきれいな川底じゃないと素足でなんか入れないです。

b0181516_23185360.jpg

b0181516_2319469.jpg
b0181516_23191249.jpg


☆今日の聖書のことば☆
「血をそそぎ出すことがなければ、罪のゆるしはないのです。」
(へブル 9:22)

だからイエス・キリストが僕たちのひとりひとり全世界の罪をその一つの身に背負い、身代わりとなって十字架にかかってくれたのであります。
イエス・キリストが血を流して死んだとき、人間と神とを隔てていた至聖所の幕が真っ二つに裂けた、と聖書に書いてあります。
それは、今まで罪という隔たりのために神様と心を通わすことができなかった人間が、イエス・キリストの血によって神様と和解することができるようになった、そのことの象徴なのです。
そのことを知ったときは本当に感動しました。
[PR]

by goodnews_wwjd | 2009-07-05 23:40 | 写真-人

トランスメディア提供アイコン01 卒業アルバム

今日になって卒業アルバムが届きました。
あれ? 5月に届くっていう話だったような・・・。
それはいいとして、
まだ卒業から4か月しかたってないのに、もう遠い思い出として記憶の中にしまいこまれているような感じがして不思議でした。
そういえば卒業式の時うたった曲もうちの学年は普通じゃなかったなぁ。

↓こんなんでした。
http://www.youtube.com/watch?v=5SXNBVvbeio

まぁタイトルそのまま、卒業の歌だけど卒業式で歌う曲!?
と最初は思ってました。
でも、学年全体で何度か練習し、実際に卒業式で歌ったら結構よかった感じがします。
そんな雰囲気の我が学年だったからでしょうか・・・。
いろいろ問題のあった学年ですが、それ以上に思い出をたくさん作ってくれました。
今もう大学に行ってるひと、来年に向けてリベンジしようとしてるひと、もう就職した人、そして、僕のように道を見つけるため、とりあえずいろんなことを経験しようとしてる人。
いま、みんなそれぞれ自分で選んだ道を歩んでいます。
b0181516_22562452.jpg

☆今日の聖書のことば☆
「しかし、私にとって得であったこのようなものをみな、私はキリストのゆえに、損と思うようになりました。
それどころか、私の主であるキリスト・イエスを知っていることのすばらしさのゆえに、いっさいのことを損と思っています。
私はキリストのためにすべてのものを捨てて、それらをちりあくたと思っています。」
(ピリピ3:7-8)
[PR]

by goodnews_wwjd | 2009-07-01 22:57 | 写真-植物