トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:思い出( 45 )

トランスメディア提供アイコン01 もう一度伊豆へ!

去年の1月に家族旅行で伊豆へ行ったけれど、今年もまた伊豆へ行って来た。
下田、爪木崎、弓ヶ浜など主に南伊豆の方。
海岸めぐりと釣り、それから温泉。

今回は我が家の愛犬、マナゴンの視点から簡単な旅行様子をお送りします。笑

b0181516_17203662.jpg
「風が最高だぜ!」
窓をあけると顔を乗り出し、風を楽しむマナゴン。

b0181516_17203795.jpg
「オラも行く!置いてかないで・・・。」
車が停まるたびに、はしゃぎまくるマナゴン。食事の時などは1人車の中に置いて行かれる。


b0181516_239427.jpg
「あのオッチャンだれ?」
うちの父ちゃんです。

b0181516_17203815.jpg
「ほぼ90度の壁だって余裕だぜ!」
登れず、すぐ諦めた。笑

b0181516_17282515.jpg
「♪」

b0181516_17203992.jpg
「はいチーズ?チーズくれよぉ。」
戸田港にて記念撮影。マナゴンもちゃんとカメラ目線。笑

b0181516_17203923.jpg
「みんな遅いよ。はやくはやく。」

b0181516_17204087.jpg
「おぉ。地球の裏側が見える!」

b0181516_17204080.jpg
「早く食べられる魚釣ってくんろ」
3日目のお昼ごろ、堤防釣りをした。でもフグばかりで終了~。

b0181516_17204152.jpg
「砂浴びはやっぱ気持ちぃ~」
弓ヶ浜の浜辺はすごい綺麗。

b0181516_17204121.jpg
「リベンジだぁ。昼は釣れなかったけど、今度はちゃんと釣ってくれよ。」
昼とは場所を変え、下田港の下田福浦堤防というところで釣り。
8時頃まで粘った。寒さが身にしみる。マジで寒いぞ。。。手がかじかんで動かない。
幸いなことに最終的にカサゴの他、よくわからないけどおいしそうな魚がたくさん釣れた。

b0181516_17204241.jpg
「ガクガク。ブルブル。」
あまりの寒さに、車に戻ると震えながらまるまるマナゴン。

b0181516_17204216.jpg
「地震だぁ!」
最終日、爪木崎へ。ベンチを揺らしてマナゴンを怖がらせて遊ぶ兄。

b0181516_17204463.jpg
これが、釣り上げた魚たち。僕が釣ったのはカサゴのちっこいやつ一匹だけ。笑

3泊4日の短い旅行だったけど、楽しかった!
ちなみに3泊とも全部車中泊。家族6人、すし詰め状態で寝てた。笑

やはり静岡の海は水が青く澄んでいて、すんごい綺麗。
春か夏に静岡の海に行ってみたいな。

以上、伊豆旅行記でした~。


web拍手 by FC2



☆今日の一言バイブル
「平和のきずなで結ばれて御霊の一致を熱心に保ちなさい。」
―エペソ 4章3節―

[PR]

by goodnews_wwjd | 2013-01-06 23:19 | 思い出

トランスメディア提供アイコン01 超懐かしの仲間たち

b0181516_19294490.jpg
6,7年ぶりに小学校の頃の同級生と集まった。
武蔵野学園小学校は僕らの時は1学年1クラス。
6年間ずっと同じ教室だから、それだけ思い出も沢山あるし、絆も深いような気がする。

今回集まったのは約40人中13人だった。
連絡先がわからなかったり都合で来れなかったりした人もいたけれど、小学生の頃の同窓会としてはすごい参加率だと思う。

いろいろ話せて楽しかった!
いろいろな思い出話しがでた。
自分で作詞作曲したラブソングを実名入りで歌いまくっていた思い出など、中には当人が「もうその話はやめてくれ~!」というものも。笑

幹事さん、企画ありがとうございました~。


web拍手 by FC2


☆今日の一言バイブル
「あなたの若い日に、あなたの創造者(神)を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また『何の喜びもない。』という年月が近づく前に。」
―伝道者の書 12章1節―

[PR]

by goodnews_wwjd | 2012-12-28 19:29 | 思い出

トランスメディア提供アイコン01 変わっちゃった調布駅

ずっと京王線の駅沿いに住んでいるので、京王線を使うのは当たり前。いままでに、なんど調布駅に降りたかわからない。
小学生のときから今に至るまでずっと使ってきた駅でもある。
その駅がついこないだ地下移行工事を完了した。
工事完了当日、たくさんの人が昔の駅を名残惜しむように集まっていた。

b0181516_0235421.jpg
踏切の取り除かれた線路にて。
b0181516_0235515.jpg

b0181516_0235557.jpg
途中でぶったきられた調布駅。
b0181516_0285683.jpg
そこに新しい仮説の道ができていた。
b0181516_0235673.jpg
地下ホームから出てくる人たち。結局まだ中に入らなかった。
b0181516_0235747.jpg



web拍手 by FC2


☆今日の聖書のことば
「この天地は滅び去ります。しかし、わたしのことばは決して滅びることはありません。」
―マタイ 24章35節―

[PR]

by goodnews_wwjd | 2012-08-23 00:34 | 思い出

トランスメディア提供アイコン01 嬉しかったこと―2012年東北ボランティア―

今年に入って一回目の東北ボランティアに参加してきました。
色々な嬉しい変化があったので、その一つを書こうと思います。

ボランティア4日目に石巻のある一軒で壁はがし、泥かきなどをしました。
その活動からの帰り、去年ボランティアさせて頂いたTさん家族の家を訪れました。
ほんとに久しぶりです。

あのちっちゃなマー君はいませんでしたが、Tさんと奥さんが家から出てきてくれました。
去年の4月、5月に訪れた時の家は大きくダメージを受けていましたが、すっかり綺麗になってました。

b0181516_2355406.jpg
去年2011年5月、Tさんのおじいさん宅のヘドロ出し。
b0181516_061689.jpg
壊れた倉庫と、Tさんの奥さん&マー君

これがこんなにかわりました↓

b0181516_23552959.jpg


そして、、、

b0181516_23553676.jpg
同じく去年2011年5月、Tさんの家と工場でのボランティア風景

これがこんなにかわってました↓

b0181516_2355217.jpg
2012年2月16日。後ろにあるのがTさんの自宅です。
去年の12月から海藻店を再開したと話してくれました。
僕たちがしたことは少しばかりかもしれないけれど、その家族がまた生活を立て直すのを実際に目でみれて正直嬉しかったです。



web拍手 by FC2


☆今日の聖書のことば
「あなたのうちのある者は、昔の廃墟を建て直し、あなたは古代の礎を築きなおし、
『破れを繕う者、市街を住めるように回復する者』
と呼ばれよう。」
―イザヤ書 58章12節―

[PR]

by goodnews_wwjd | 2012-02-20 00:26 | 思い出

トランスメディア提供アイコン01 クリスマスイブ 駅前キャロリング♪(動画)

b0181516_182162.jpg


もう2日も経ってしまいましたが、24日クリスマスイブに、プレイズチルドレンによる駅前キャロリングを行いました。
メンバーは、メインが小学校高学年から高校生、+大学生&幼稚園生で構成されています。
5年前に結成して、毎年クリスマスに歌やハンドベルをしています。
僕も学生時代は、ハンドベルやギターで入ってました。
そして、今回初の試みがこの駅前キャロリング。

動画をアップしたのでよかったら見てください。
動画は最後のクライマックスのカットです。

"http://www.facebook.com/photo.php?v=346839468663983&set=vb.100000137981865&type=2&theater" /


web拍手 by FC2


☆今日の聖書のことば
「初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。
この方は、初めに神とともにおられた。
すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない。
この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。
光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。
・・・・

すべての人を照らすそのまことの光が世に来ようとしていた。

この方はもとから世におられ、世はこの方によって造られたのに、世はこの方を知らなかった。
この方はご自分のくにに来られたのに、ご自分の民は受け入れなかった。

しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。」
―ヨハネの福音書 1章1~12節―

[PR]

by goodnews_wwjd | 2011-12-26 17:55 | 思い出

トランスメディア提供アイコン01 東北で見たこと、思ったこと、感じたこと。 その2

前回の続きです。

前回行った泥出しの次の日、今度は三手に分かれて、Aチームは食事、支援物資、度のう袋の買い出し、Bチームはバリバリに割った瓦の土嚢詰め、Cチームは今度別な家の壁はがし。
僕はCチームでした~。

b0181516_17201718.jpg
今年72才にもなるというAさんは、自ら働き、僕たちの監督になってくださいました。

b0181516_1720694.jpg
家の前の畑。
塩水に使ってしまった畑は、雨水にさらして3年くらいたたないと使えないと言っていました。


作業をしながらAさんと少しばかり言葉のやりとりがあったのですが、方言がきつくて何言ってるのか最初チンプンカンカンプン。
確かに日本語を話しているのだけれど、理解ができないのです・・・。
英語を話してくれた方がまだわかりやすかったかもしれません。
向こうはこちらの話す標準語ばりばり理解しているのに、向こうの口から出てくるのはやっぱり方言。
作業の指示に関しては、分からないとどうにもこうにもならないので、そんな時は、ジェスチャーや何度か聞き返して理解しようとがんばりました。

東北の方言は、母音に”U”の発音が目立ちます。

たとえば、
「主人(Syujin)」が「すずん(Suzun)」になってたり、
「梨(Nashi)」が「なす(Nasu)」になってたり。

東北の方言。身につけたいと心底思いました。

b0181516_17204026.jpg
昼食後、瓦の土嚢詰めも手伝いました。

b0181516_17204158.jpg
なんと毛カニ出現!
もしかして津波に運ばれてきたカニ!?

b0181516_17573687.jpg
Before!
b0181516_17204477.jpg
After!

b0181516_17204870.jpg
東松島での支援物資配布。

b0181516_17205066.jpg

b0181516_17205487.jpg
帰り際、被災者の海苔養殖業の方から、3月11日、震災当日に収穫した貴重な貴重な海苔を頂きました。涙

b0181516_17205287.jpg
展望台まで案内してくださり、そこで集合写真。


被災者の方たちは、
「震災後しばらくはボランティアの方たちが沢山きてくれたが、最近はあまりなかった。自分たちがまだ忘れられていないことがわかり、皆さんが来てくれて嬉しかった。」
と話してくれたそう。

今回も、ただ支援物資を配り、泥かきをして終わったんじゃなくて、そこからいろんなことを体験し、学ぶことができました。
ただ、今回自分の中で悔しかったのは、もっと積極的に被災者の方に声をかけることができたら・・・ということ。
もともと人と積極的に話すタイプではないので、話したいと思っても、いざその時になると怖気づいちゃいところがあるんですよね・・・。

というわけで!笑
次回のボランティアは1月の下旬となる予定らしいです。


web拍手 by FC2


☆今日の聖書のことば
「神が私たちに与えてくださったものは、おくびょうの霊ではなく、力と愛と慎みの霊です。」
―第二テモテ 1章7節―

[PR]

by goodnews_wwjd | 2011-10-26 18:24 | 思い出

トランスメディア提供アイコン01 東北で見たこと、思ったこと、感じたこと、教えられたこと・・・ その1

10月17日から21日にかけて、東北のボランティアに行ってきました。今回もホントに良かった!

b0181516_2118283.jpg
東北は紅葉がだいぶ進み、秋がやってきていました。

b0181516_21171413.jpg
野菜不足になりがちなボランティア期間、レタスを食べて、栄養補給するボランティア参加者たちも。

b0181516_21171027.jpg
釜石は、今まで何度も支援物資を配りに来たところで、今回も多くの町民の方たちが集まりました。

b0181516_21171134.jpg

b0181516_21171175.jpg
右側の方は、92歳のおじいちゃん。一日にたばこ2箱吸うというこのおじいちゃん、とても元気です。
ちなみに、左のヒゲのおじさんが僕の父。両方ともヨウジという名前で、ダブルヨウジ。笑

b0181516_21171567.jpg
支援物資を配りながら、被災者の方たちから、いろいなつらい体験を語ってもらいました。

b0181516_21323175.jpg
この町は、町民の半分が60歳以上の高齢者。おもい支援物資を運ぶのを僕ら若者たちが手伝いました。
僕が手伝ったときは、「重ぇ荷物運んでくれたんだから、少し休んでいけ。」と言って、アイスクリームとリポビタンDを支援されてしまいました~・・・笑

b0181516_21171532.jpg
話好きなおじいちゃんに高台へ連れて行かれ、ここで昔起こった官軍と武士たちの戦いや、第二次世界大戦の頃の話、そして、被災した時の話などを聞きました。

b0181516_21171380.jpg
今回は、釜石、若林、東松島などで支援物資を配りました。

b0181516_21171454.jpg
仙台、若林区では、家の床下からの泥出しも行いました。地元の明泉学園からもたくさんの子どもたちがいっしょに手伝ってくれました。

b0181516_21171062.jpg
家から運び出した泥は、庭に集めます。

b0181516_21171021.jpg
終わりごろにはこんな山に。

b0181516_21171469.jpg
処分するため、屋根の瓦をハンマーで細かく叩き割ります。


3日かけて出来るか出来ないかと言われていた仕事を、一日で終わらせてしまいました。

b0181516_21171137.jpg
震災から7カ月。バスの窓から眺めた夕日。空はどこでも綺麗だなぁ。



長くなってしまったので、続きはまた今度。


web拍手 by FC2


☆今日の聖書のことば
「神である主はこう仰せられる。わたしが、あなたがたをすべての不義からきよめる日に、わたしは町々を人が住めるようにし、廃墟を立て直す。」
―エゼキエル書 36章33節―

[PR]

by goodnews_wwjd | 2011-10-22 22:08 | 思い出

トランスメディア提供アイコン01 東北ボランティア Again!

8月29日~9月2日にかけて、また東北ボランティアに行ってきました。
今回は、アメリカからやってきた5人の子どもたちも参加!
総勢約25名がマイクロバスに乗り込み、僕は支援物資を積んだトラックの助手席に乗せてもらいました。
トラックは冷房が壊れているので、いつも窓全開・・・。でも、ドライバーさんのMさんといろいろ話をすることができてよかったです。

b0181516_18522876.jpg
大船渡の港近く。冠水して、魚が泳いでいる状態。

b0181516_1852284.jpg
仮設住宅に行き、支援物資の供給。
今回は、被災者の希望にこたえて、50箱以上にもなる衣服を用意しました。
前もってボランティアの方たちが男用、女用、子ども用、さらにサイズ別にわけてくれていたので、見やすかったはず!
食べ物系は、新鮮な野菜、果物から調味料、レトルト食品まで。あっという間になくなってしまいました。

b0181516_19195512.jpg
今回は、3か所にわたって支援物資の配給を行いました。

b0181516_18522895.jpg


b0181516_19195493.jpg
アメリカから来たダニエルは、日本の趣が感じられる絵を一生懸命書いて、被災者の方に渡していました。

b0181516_18522993.jpg
あの大災害から半年近くたった今もこのまま。

b0181516_18523078.jpg
サマリタンズ・パースに1日泊らせて頂きました~。みんな、ユニフォームシャツをもらって喜んでました。
翌日は、サマリタンズ・パースのボランティアに半日参加させてもらいました。

b0181516_18523012.jpg
前回、サマリタンズ・パースのボランティアに個人的に参加した時の写真が貼られてました(中央・下から2段目。)
写真の中の僕はたいてい目つむっています・・・。

b0181516_18522836.jpg
出かける前に、みんなで祈ってから出発。

b0181516_18523141.jpg
完全武装!
ちょっと怖い・・・。


b0181516_18522880.jpg
活動開始!リーダ―の風間先生から説明を受ける若人たち。

b0181516_18522839.jpg
サマリタンズ・パースが僕らに担当させてくれたボランティアは、EM菌をばらまくこと。
ある町の区画における全ての排水溝に、バクテリアを含んだ発酵土をまきました。これによって、除菌、消臭の効果があるそう。
b0181516_18522852.jpg


b0181516_18522820.jpg
被災地は多くの方たちの努力によって、ホントに少しずつではあるけれど、復興に向かっています。
物質的な回復に加え、被災者の方たちの心の回復も必要です。


4泊5日の長いボランティアでした。その間、ほとんどコンビニ弁当。
激しい肉体労働すらなかったものの、帰った時はもうふらふらでした。
次回、10月にまたボランティアがあるそう。また参加したいです。


web拍手 by FC2


☆今日の聖書のことば
「こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。」

<コリント人への手紙 第一 13章13節>

[PR]

by goodnews_wwjd | 2011-09-06 19:46 | 思い出

トランスメディア提供アイコン01 スティーブンとお台場へ

実は一週間ほど前から、前回の東北ボランティアで知り合ったスティーブンというカナダ人が我が家にホームステイしています。
音楽の教師が夢で、あと数週間でカナダにある大学を卒業し教員資格がもらえると話してくれました。
ピアノとギターが特にうまく、声もプロ並みに綺麗です。

26日にはカナダに帰ってしまうので、そのスティーブンとお台場へ行ってきました。

b0181516_2273058.jpg
レインボーブリッジ

b0181516_2273099.jpg
記念撮影♪

b0181516_2273127.jpg
めちゃめちゃ暑かった!
足の裏もやけどしそうでした。。。

b0181516_2273159.jpg

b0181516_2273241.jpg
棒倒しして遊んだあとに十字架を建てました~。
お墓みたい・・・!?


明日から、CSS英語キャンプというまた別なキャンプがあり、また富士山のロッジに行ってきます。
今度はアシスタント・スタッフとして。
英語以外しゃべっちゃいけないというキャンプです。笑


web拍手 by FC2


☆今日の聖書のことば
「狭い門からはいりなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。
そして、そこからはいって行く者が多いのです。
いのちに至る門は小さく、その道は狭く、それを見いだす者はまれです。」
―マタイ 7章13節~14節―

[PR]

by goodnews_wwjd | 2011-08-24 22:20 | 思い出

トランスメディア提供アイコン01 今年の夏キャンプ!

b0181516_21445595.jpg


8月19日から20日にかけて、富士山のふもとにあるロッジで今年もまた教会のキャンプをしました~。


b0181516_21445618.jpg
賛美したり、

b0181516_21445517.jpg
うまいもの食べたり、

b0181516_21445456.jpg

b0181516_2144538.jpg

b0181516_21445844.jpg
雨の中、ミニ運動会やサッカーをしたり、

b0181516_2150564.jpg
聖書からいろんなことを学んだり、

b0181516_21445550.jpg
今回、このあいだ東北ボランティアで知り合ったスティーブンも来てくれたので、その彼の弾き語りを聞いたり、

b0181516_21445646.jpg
楽器を合わせて歌ったり、

b0181516_21445383.jpg
最後の日、帰りの高速でソフトクリームを食べたり、


楽しかったです!



web拍手 by FC2


☆今日の聖書のことば
「あなたの若い日に、あなたの創造者(神)を覚えよ。
わざわいの日が来ないうちに、 また『何の喜びもない。』という年月が近づく前に。」
―伝道者の書 12章1節―

[PR]

by goodnews_wwjd | 2011-08-21 21:58 | 思い出