トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:未分類( 9 )

トランスメディア提供アイコン01 「きっと大丈夫」はもうやめよう ―燃えるゴミの日―

b0181516_1114171.jpg


今日は燃えるゴミの日。生ゴミや鼻をかんだティッシュがたっぷりはいったポリ袋を玄関に出した。
いつもはカラスよけに黄色いネットをかぶせるのだが、最近はカラスの鳴き声をあまり聞かないので「大丈夫だろう」と思い、面倒臭がってネットをかぶせなかった。
10数分後、、、見事にやられた。
玄関に出てみると、玄関先の歩道に生ゴミと鼻をかんだテッシュが散乱している。通りゆく人が汚いものを見るかのように通り過ぎる。←うん、確かにほんとに汚い。笑
くそぉ~!
ちりとりでまた拾い集め、新しいゴミ袋を持ってきて詰め直す。。。

そう言や~、、、小学生の頃を思い出した。
ある敷地の門から出るときの事だった。その時僕は兄からお下がりで貰った黄色い自転車に乗っていた。後ろから母ちゃんが「門から出るときは気をつけなさいよ」と言うのが聞こえた。
「は~い」と良い返事をしたかどうかは忘れたが、心のなかでは「あそこの道は狭いし普段全然車なんて通らないから大丈夫!」とか勝手に確信していた。
自分を信じて、ペダルを踏むスピードを早めて門を出る。
その瞬間横から出てきた車に、ドカーンとぶつかった。神様からおしりを叩かれたような気がした。


「きっと大丈夫」はもうやめよう。。。


web拍手 by FC2



☆今日の一言バイブル
「わが子よ。
主の懲らしめを軽んじてはならない。
主に責められて弱り果ててはならない。
主はその愛する者を懲らしめ、受け入れるすべての子に、むちを加えられるからである。」
―へブル12章5~6節―

[PR]

by goodnews_wwjd | 2012-11-22 11:11

トランスメディア提供アイコン01 これからの中東、世界はどうなる?

b0181516_22541751.jpg


イスラエルとガザに関する記事をしょっちゅう見かける今日この頃。

「イスラエル、ガザに侵攻」
「イスラエル、ガザ地上侵攻の備えも 戦闘激化」
「イスラエル軍は14日夜、パレスチナ自治区ガザへの大規模空爆を開始した。」
「イスラエル空軍はガザ地区のハマス拠点に対する攻撃を続けているが、女性、子供を含む民間人の犠牲者も出ている。
「ガザ当局者によると、イスラエルの空爆による犠牲者は29人に上り、このうち民間人は子どもと妊婦を含む16人。」
「08年から09年初めにかけてイスラエル軍はガザに侵攻した。これによって、民間人を含むパレスチナ人約1400人が死亡。」
・・・

なんかつっかかるなぁ。どのメディアも「イスラエル=悪」というイメージを植え付けるような記事ばかり。
ガザでの被害やイスラエルの「侵略行為」ばかりに焦点を当てて書かれている。

調べてみると少しずつその背景が見えてきた。


第四次中東戦争の時に、世界中の報道が中東諸国を非難した。
この時、元イラクの大統領だったサダム・フセインは
「イスラエル側の報道をした国全てに石油をストップしよう」
と提案し、他のアラブ諸国がこれに賛同。

また、イランのハメネイ師がニューヨーク・タイムズで語った言葉は次の通り。
「私たちは石油を使ってイスラエルにつく西洋諸国を攻撃することができる。私達が1ヶ月石油を止めれば世界を揺るがすことができる。」

世界の石油の6割をアラブ諸国が占める。
この時のオイルショックを堺に世界のマスメディアは、イスラエル側につきアラブ諸国(アラム連盟)を非難する報道ができなくなった。

イスラエルにも確かに非難されるところがある。そして、そもそものイスラエルの建国時の戦争にも疑問がなくもない。しかし、今のメディアはイスラエルの「非人道的行為」やガザの被害ばかりを取り上げる偏向報道が見受けられる。ハマスが行なってきた女、子どもを利用したテロ行為やかつての停戦協定の無視、ハマスの残虐行為などは現在ほとんど報道されない。

メディアは双方の情報をバランスよく報道すべきである。しかし、石油の力を前にそれはなかなか難しい。
聖書の預言にもある通り、「地のすべての国々はイスラエルに敵対する」という言葉が近いうちに実現するかもしれない。


web拍手 by FC2


☆今日の一言バイブル
「見よ。わたしはエルサレムを、その回りのすべての国々の民をよろめかす杯とする。ユダについてもそうなる。エルサレムの包囲されるときに。
その日、わたしはエルサレムを、すべての国々の民にとって重い石とする。すべてそれをかつぐ者は、ひどく傷を受ける。地のすべての国々は、それに向かって集まって来よう。」
―ゼカリア書12章2,3節―

[PR]

by goodnews_wwjd | 2012-11-18 22:59

トランスメディア提供アイコン01 東北でボランティア! その2 (前篇)

日付:4月20日
活動場所:大船渡、釜石

大船渡の教会で一夜を過ごした後、次の日は6時起き。
朝食を食べた後、掃除をすることになりました。
昨日は暗くてよくわからなかったけれど、外に瓦礫の山があり、教会の1階部分が酷くやられていました。

b0181516_2241477.jpg

b0181516_22414895.jpg
会堂の様子。

b0181516_22414943.jpg
愛知県からボランティアに来てくれた家族といっしょに掃除。


この教会の牧師、朱さんの知人の一人は、腕を水圧で動かなくなった自宅の扉に挟まれ、逃げることができずに命を落としたそうです。波が引いたあと、腕がドアに挟まったままの姿でなくなっていたと言っていました。
ショック・・・。苦しかっただろうな・・・。

教会の壁や瓦礫の掃除をした後、苦しい立場に置かれている近所の方々へ支援物資を届けに行きました。
b0181516_22414996.jpg

その後、教会を後にして次の場所を目指しました。
b0181516_22415084.jpg
大船渡市にて。乗ってきたマイクロバスと全く同じ車種を発見。でも無残な姿に・・・。

b0181516_22415078.jpg
今回の津波が想定外の威力だったことを物語っている標識。


今度は釜石へ。

b0181516_22415127.jpg
津波に飲まれたはずの家の庭に黄色い花が咲いてました。
住民の方がまた植えたのか、それとも残っていた球根が芽吹いて花を咲かせたのか。
そのどちらにしても、この無残な津波の爪痕に咲く花が、心を和ませてくれるようでした。

b0181516_22415133.jpg
津波によって破壊された鉄道。ぐにゃりと曲がっていました。

b0181516_22415215.jpg
これは高さ10メートル以上にもなる釜石の防潮堤。
それがこのようにいとも簡単に破壊された。
この堤防があるから大丈夫。津波の心配はない。
そう信頼しきっていた住民の方たち流されてしまいました。
人間の作ったものに絶対的なものはないんだということをつくづく思わされました。

b0181516_2241471.jpg
防潮堤の瓦礫に交じって落ちていたグローブと野球部の集合写真。
なんとも言えない気持ちになりました・・・。


つづく

☆今日の聖書のことば
「この天地は滅び去ります。しかし、わたしのことばは決して滅びることがありません。」
―マタイの福音書 24章35節―



web拍手 by FC2

[PR]

by goodnews_wwjd | 2011-04-24 23:21

トランスメディア提供アイコン01 除雪作業車大結集

b0181516_20291464.jpg

1月20日の朝のこと。
ガゥァガアウァ~!ガゥァガアウァ~!という騒音が遠くから連続的に聞こえたかと思うと、その音がだんだんと近づいてくるのを感じました。
そしてその音が、どんどんドでかくなってくるので耳がおかしくなりそうでした。。。
まるで、どデカイ黒板を巨人がどデカイツメで ギギィィィ~!とひっかいたような音。

しばらくして向こうから除雪車が一台やってきました。
鉄の爪で道路に張り付いた氷をはぎ取っていたのでした。
その迫力と音に圧倒、、、東京では考えられない光景を見て「すげぇいなぁ」と思って見てたら、、、
次から次へと新しい色んな機種の除雪車が集まってきました。
b0181516_20291820.jpg

b0181516_20291935.jpg


道の両脇に山積みになってた雪をどんどん崩しては、次から次へとやってくる大型トラックに崩した雪を積み込んでました。
b0181516_20291676.jpg

b0181516_20291917.jpg

b0181516_20291837.jpg


こんな規模の大きい除雪作業を見たのは生まれて初めて。
見ていてすごい面白かったです。笑
感激して動画まで撮ってしまう僕でした。汗

ただ、札幌ではそんなことを言っていられないほど雪が降るらしく、毎年100億円以上の除雪費がかかっているそう。。。
想像できないです。。。

☆今日の聖書のことば
「あなたがたは、私たちの主イエス・キリストの恵みを知っています。すなわち、主は富んでおられたのに、あなたがたのために貧しくなられました。それは、あなたがたが、キリストの貧しさによって富む者となるためです。」
ーⅡコリント 8章9節ー



web拍手 by FC2

[PR]

by goodnews_wwjd | 2011-01-21 21:07

トランスメディア提供アイコン01 自分の才能!?天才!?

b0181516_22364730.jpg
レンズ:AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
シャッター速度:1/15
絞り値:F4.8
ISO感度:200
―夢―
(撮影日:2011年01月04日)


すべての人には、必ず、その人に与えられている才能というものがある。
自分にはそんなものないって言う人も中にはいるかもしれない。
でも、才能っていうのは、努力して得るものも多少あるけれど、
本当はその人が生まれた時から与えられているもの、もしくわ、今与えられているもののことじゃないかなと思う。
どっちかというと、才能というよりも天才と呼んだほうがいいかもしれない。
それはその文字通り、天から与えられた才(才能)!
普通天才というと、なにか他の人と比べて跳びぬけた能力を持っている人のことを言う。
けれど僕はそんなことではなくて、その人がもともと持っているもの、そして誰もが自分のものとして持っている才能のことを天才と言いたいぞと思う。
もしかしたら、ある人は生まれつき手足がなく、笑うことしかできないかもしれない。
でもそれがその人にとっての天才。

そう、天才っていうのは大抵その人自身が気が付いていないことが多い。
天才は、世間一般で言われている特別な人のことではなくて、その人に与えられている特別なもののことだ。
他の人がどうとか関係ない。
だから比べる必要もない。

天才とは神様がその人に与えてくださったもの。
ただ、今はそれが様々なものに埋もれて見えなくなっているだけ。
それを見つけるには、上に覆いかぶさっている邪魔なものをどけないといけない。
それは劣等感や自己憐憫であったり、人と比べてしまう癖であったり、または、「自分はこうなんだ」というマイナスな思いこみであったり・・・。

自分に与えられた天才。
それと神様によって与えられるビジョン、いわゆる”召し”というものは切っても切り離せない関係だと思う。
だから、その天才を見つけた時、それが人生のターニングポイントじゃないかなぁと思う。

☆今日の聖書のことば
「また、あなたがたの心の目がはっきり見えるようになって、神の召しによって与えられる望みがどのようなものか、聖徒の受け継ぐものがどのように栄光に富んだものか、
また、神の全能の力の働きによって私たち信じる者に働く神のすぐれた力がどのように偉大なものであるかを、あなたがたが知ることができますように。」
―エペソ 1章18,19節―



web拍手 by FC2

[PR]

by goodnews_wwjd | 2011-01-16 23:34

トランスメディア提供アイコン01 強くあれ

自分を変えようとする努力をすることが必要なんだと最近思った。

b0181516_237361.jpg


☆今日の聖書のことば
「強く、また雄雄しくあれ。恐れてはならない。
彼らのゆえにうろたえてはならない。
あなたの神、主はあなたと共に歩まれる。
あなたを見放すことも、見捨てられることもない。」
(申命記 31章6節)


web拍手 by FC2

[PR]

by goodnews_wwjd | 2009-10-19 23:12

トランスメディア提供アイコン01 ソロモンでさえ


b0181516_2365949.jpg


☆今日の聖書のことば
「栄華を窮めたソロモンでさえ、このような花の一つほどにも着飾ってはいませんでした。
きょうあっても、あすは炉に投げ込まれる野の花でさえ、神はこれほどに装ってくださるのだから、
ましてあなたがたに、よくしてくださらないわけがありましょうか。」
(マタイ 6章29,30節)


web拍手 by FC2

[PR]

by goodnews_wwjd | 2009-10-04 23:11

トランスメディア提供アイコン01 ことば

人を励ますことば
人を慰めることば
人に喜びを与えることば
を自分がもっと話せるようになったらいいのにと思う。

b0181516_22453310.jpg


☆今日の聖書のことば
「はじめに言葉があった。言葉は神とともにあった。言葉は神であった。」
(ヨハネの福音書 1章1節)


web拍手 by FC2

[PR]

by goodnews_wwjd | 2009-09-24 22:56

トランスメディア提供アイコン01 ブログ初公開

とうとう念願の一眼レフを買ってしまいました。
去年の9月ごろに発売されたニコンのD90っていうやつです。
「動画も撮れる一眼」に惹かれちゃったわけです。
カメラが届いたときはうれしいのなんのったらありませんでした。うれしくて、とりあえず撮って撮って撮りまくりました。
自分の下手くそな写真を日記形式で公開できたらいいなぁ、と思って、まぁ、そんなわけで初めてブログをはじめました。
まだド素人のドの字も付かないような者ですが、写真を通して感動や思いが伝えることのできるほどうまくなれるように頑張ります。
それじゃあ早速、どんどん画像を投稿していきたいと思います。
記念すべき第一回撮影は富士山でした~。
家族や親戚、知り合いの人たちと楽しいひと時を過ごすことができました。
この写真は三日間雨が降り続け、くそぉ~運が悪いなと思っていたところ、なんとも神様の恵みによって最後の最後、無事晴れて富士山を見ることができました!
その感動の一枚です。
b0181516_23231411.jpg

[PR]

by goodnews_wwjd | 2009-05-12 23:24