トランスメディア提供アイコン01 生きている理由って?

b0181516_20425894.jpg
―あしあと―


明日、妹と一緒に東京へ戻ります。
叔父さん家族も先週全員東京へ集合しました。
北海道での1カ月、とても短かったです。

今日で、あの震災からちょうど一か月。
余震がつづく中、避難所で生活をしている方たちがどんな思いで生きているのかを思うと、なんだか心痛いです。
あの大震災を生き延びた人のなかには、災害時の「命が助かった」という緊張が解けて現実を見たとき、今度は何のために生きているんだろうという無気力に陥る方たちが大勢います。
それは無理もない話。
今回の震災を機に、「何のために生きているのか」という疑問を感じた方は他にもたくさんいるんじゃないでしょうか?
今まで自分が築きあげてきたもの、家族、家をすべて失った時、人って何を考えるんだろう?
今まで、幸せだと思っていた人生が、地震によって壊され、津波によって流されたら?

生きている理由。
何もヒントを与えられないで、このことを考えた時、
これほどシンプルで、これほど難しい質問はなんじゃないかな。

いつか近いうちに、僕も東北にいって自分のできることをして来たいなと思っています。

☆今日の聖書のことば
「人は、たとい全世界を得ても、まことのいのちを損じたら、何の得がありましょう。そのいのちを買い戻すのには、人はいったい何を差し出せばよいでしょう。」
―マタイの福音書 16章26節―

「わたしが来たのは、(人が)いのちを得、またそれを豊かに持つためです。」
―ヨハネの福音書 10章10節―



web拍手 by FC2

[PR]

by goodnews_wwjd | 2011-04-11 21:25 | 写真-風景

<< 命よりも大切なもの Pray for 北陸・信越旅... >>