トランスメディア提供アイコン01 丸森伝道車が来た

b0181516_0464393.jpg
レンズ:TAMRON SP AF 90mm macro F2.8
シャッター速度:1/640
絞り値:F3
ISO感度:250


英検の勉強も一段落着いたころの夕方の4時頃、外から「・・・キリストはあなたがたのため・・・」というスピーカーから流れる声が聞こえてきました。
「お、とうとうここにもきた!」
昨日アユミさんがそれっぽい音を聞いたといってたのは本当でした。
北海道には5年に一度くらいの割合で来るのだそう。
そう、あの有名な明泉丸森の伝道車。
なんと宮城県の仙台市からはるばると。
東京でも年末年始になると渋谷や、新宿、明治神宮で吹き込んだメッセージを大音量で流し、
聖書のことばの書かれた黄色い看板を掲げて大々的に活動してるあの団体。
あまりに大々的すぎるので世間一般にも結構有名だったりします。
僕の中高一貫学校の校門の守衛さんも「よく年末年始に渋谷とかでやってるよな」とか言ってました。

外に出たアユミさんが車を追いかけて言って声をかけ、うちに招くことになりました。
迂回してしばらくした後、天井に500Wのドでかいスピーカーを4つも搭載した車が駐車場に入ってきました。
車に乗っていたのは馬場さんという35才のおじさん。お兄さん?
しかも名前は伊作(いさく)。
なんと僕と同じ名前でした。
食卓で北海道名物の「じゃがいももち」をついばみながら色々話を聞くことができました。
共栄住宅から出てきた奥さんに「出て行ってくれ!」と怒鳴られた話や創価学会の人に通報された話。
(パトカーを呼ばれても大抵警察は丸森の人たちに理解を示してくれて見方してくれるそうです。笑)
逆にある時は、人相悪そうな工事現場の監督に「ちょっと車中に入れろや」と呼び止めらたそう。
なにかな?と思ったら働いている人たちみんな集めてきて「キリストの話をしてくれ」と言われた、なんてこともあったそうです。

いまイサクさんの他にも数名の人が北海道に来て車で回っているらしく、
そのうちの一人、本田さんというオジサンも家に来てくれることになりました。
やっぱりでかいスピーカーを天井にくっつけた車を乗り付けて・・・。笑
こうして2つのバンが家の駐車場にとまった訳ですが、カーボディに聖書のことばがデカデカとペイントされてあったり、
ドでかいスピーカーが搭載されてあったりと、もうパッと見た目は右翼?と思っちゃっても不思議はないです;
丸森グループは伝道の仕方があまりに過激なので(もちろん人権を侵害することは絶対になく、ただ大々的すぎるというだけ)
、クリスチャンの中でも問題視する人たちがいるそう。
で、この本田さんも加わってまた色々と面白い話を聞くことができました。

2人の話を聞いていて、ほんとに一人でも多くの人に神様のことを知ってもらいたいという強い思いが伝わってきました。
ちょっとそのやり方が普通じゃないですけど・・・。笑
結局夜の11時半くらいまで話ししてました。
今日は近くの道の駅に車を止めて泊っていくそうです。

☆今日の聖書のことば
「私は福音を恥とは思いません。福音は、ユダヤ人をはじめギリシャ人にも、信じるすべての人にとって、救いを得させる神の力です。」
―ローマ 1章16節―



web拍手 by FC2

[PR]

by goodnews_wwjd | 2010-10-15 23:59 | 写真-人

<< 今日は英検だ~ 希望の光が見えてきた! >>